エバーグリーンのキャニオニング・シャワークライミングツアーのあんなこんな質問

エバーグリーンのキャニオニング・シャワークライミングツアーのあんなこんな質問

キャニオニングツアーに関してよくお問合せ頂く内容を掲載しています。
上記以外のツアーの内容についてはそれぞれのFAQのページをご覧下さい。

ラフティング・パックラフティング FAQ
スノーシュー・トレッキング FAQ
ツリーイング FAQ

キャニオニング FAQ
  
キャニオニングって何?
キャニオニングとは、渓谷を体一つで下っていくアウトドアアクティビティです。
岩の上から水面に飛び込んだり、落ち込みをウォータスライダーのように滑り降りたり、泳いだり、プカプカ浮かんだりしながら下流に向かって進んでいきます。
シャワークライミングとキャニオニングの違いは?
シャワークライミングはその名の通り、川の流れに逆らって川を上流に登っていくアクティビティです。
キャニオニングは川の流れに沿って、下流へと向かって渓谷を下っていくもの。似ていますが、進む方向が逆になります。
1人でも申込みは可能ですか?
ツアーへは1名様からお申し込み頂けます。
ただし、各ツアーには最少催行人数を設定しております。ご予約頂いているお客様が最少催行人数に満たない場合、ツアーが行えない可能性があります。予め、ご了承下さい。
何歳から参加できますか?
高校生以上の方からご参加頂けます。
初めてでも大丈夫ですか?
経験豊富なガイドがご案内しますので、初めての方でもご安心下さい。
初めての方や、高い所が苦手な方にはキャニオニング満喫ツアーがお勧めです。
前日の申込みでも大丈夫ですか?
基本的にお申込みは、ツアー参加日の3日前までにお願い致します。それ以降でも状況によってはお受け可能な場合があります。ご相談下さい。
障害があっても参加できますか?
ご参加可能な場合もあります。事前に、ご相談下さい。
体力に自信がなく、泳ぎも得意ではないですが大丈夫ですか?
大丈夫です。
泳ぎが苦手な方でもライフジャケット(PFD)を着用しますのでご安心下さい。
キャニオニングはどんな格好でするんですか?
お持ち頂く水着、化学繊維のシャツ、靴下を着用して頂き、その上からウェットスーツとお持ち頂いた短パン、沢足袋、ライフジャケット、ヘルメット、手袋の順で装着して頂きます。
詳しくは持ち物のページをご覧下さい。
ツアー料金に含まれる装備は何ですか?
レンタル装備としてライフジャケット、ウェットスーツ、ヘルメット、手袋、沢足袋です。
寒くないですか?
真夏日以外は、天候によって寒く感じる場合があります。
寒さを緩和する為に、ウェットスーツをご用意致しております。
体が大きいのですがサイズはありますか?
弊社がご用意する装備に関しては、様々なサイズに対応出来るよう揃えております。
まれに対応できない可能性もございますので、ご不明な点がございましたらご遠慮なくお問合せ下さい。
着替える場所はありますか?
現地で簡易テントを設営しますので、そこで着替えて頂く事が可能です。
女性の方はお手数ですが、前もって水着を着用してお越し頂くと、現地での着替えがスムーズですので、ご協力お願い致します。
ツアー終了後、温泉に入れますか?
ツアー代金に温泉代も含まれていますので、ツアー終了後に温泉に入って頂けます。
ツアー中、トイレはありますか?
ツアー中にトイレはございません。
開催地への移動の際、トイレの施設がある場所で時間を設けますので、ご安心下さい。
ツアー中、持ち物や貴重品はどこに置くのですか?
防犯上、ここには記載できません。ツアー当日に弊社よりご案内致します。
満喫ツアーと秘境ツアーはどう違いますか?
満喫ツアーと秘境ツアーの大きな違いは、難しさよりも高低差です。
秘境ツアーでは約4メートルの高さからの飛び込みを必ず行って頂きます。満喫ツアーにも飛び込みはありますが、迂回する事ができますので、高いところが苦手な方は満喫ツアーへのご参加をお勧め致します。
ツアー中止になる場合ってどんな場合ですか?
河川の状況及び気象状況(大雨、強風及び雷など)により、ツアー開催地の状況が著しく危険であると弊社が判断した場合にツアーを中止とさせて頂きます。ツアー中でも、危険であると判断した場合には、ツアーを中止とさせて頂く場合がございます。予め、ご了承下さい。
詳細についてはこちら(必ず読んで)をご覧下さい。
カメラを持っていけますか?
防水カメラであれば持っていけます。防水カメラでない場合は浸水して故障しますので、お持ち頂くことはできません。また、防水カメラであっても、破損、紛失した場合などの責任は一切負いかねますので、お持ち頂くかどうかはお客様の自己責任でご判断下さい。
持ち物に「化学繊維のシャツ」とありますが、綿のTシャツはだめなのですか?
綿素材のシャツは速乾性がない為保温力が落ち、低体温症になる可能性があります。着用しないで下さい。化学繊維のシャツは、ウェットスーツの下に肌着として着用します。保温性を高める目的もあります。必ずご用意下さい。詳しくは持ち物のページをご覧下さい 。
短パンは必要ですか?
ウエットスーツは非常に体のラインがはっきり出ますので、短パンを履くと見た目がレギンス風になり、格好良くなります。
自分の装備を持ち込むことはできますか?その場合、料金に変更はありますか?
ご自身の装備品をお持ち込み頂く事は可能です。弊社ではお客様がご用意された装備品の機能・性能が適しているかを事前に判断が出来ませんので、推奨致しません。料金につきましても、装備品をお持ち込み頂いた場合でも変更はございません。
集合時間に間に合わなかった場合は?
集合時間に間に合わないと判断された段階で、必ず弊社までご連絡下さい。
公共交通機関が遅延した場合を除き、30分以上遅れる場合には当日キャンセル扱いとさせて頂きます。
キャンセル料はかかりますか?
キャンセルのご連絡を頂く時期によって規定のキャンセル料を頂いております。詳しくはこちら(必ず読んで) をご覧下さい。
軽い怪我や体調がすぐれない場合は?
キャニオニングは自然の中で行うため、リスクを伴います。体調が万全でないお客様の参加はお勧め致しません。
お客様自身が参加可能と判断された場合でも、状況によっては弊社スタッフの判断でツアーへのご参加をお断りさせて頂く可能性がございますので、予めご了承下さい。
自家用車で行く場合、駐車場はありますか?
駐車場はございません。
お車でお越し頂く場合は、現地の駐車可能スペースに駐車して頂きます。